--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2005.11.03 11:41

hon1.jpg

私の大好きな前田京子さんの 手作りの石けんの本です
初めて前田京子さんを知ったのは『お風呂の愉しみ』という本でした
この本は偶然図書館で借りてきた本なんですが・・一度これを読むと石けんが大好きになります

向かって左の本は『石けんのレシピ絵本』
季節ごとのいろいろな石けんの作り方が綺麗な写真で紹介させています
みるだけで うっとりします
その隣の本は『オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る』(お風呂の愉しみテキストブック)です
石けんの詳しい作り方が紹介されています



set.jpg

ということで 1年ぶりに石けんを作ってみることにしました
材料は一応そろっているので 大丈夫・・・
前回までは自分でオリーブオイルとか配合していたのですが
今回は前田京子さんのオリジナルオイルのミックスを使ってみました

2種類のミックスをずいぶん前にサイトお風呂の愉しみネットストアで買っていたのですが
『マルセイユ石けん』のオイルミックスを作ることにしました
もうひとつは『最高に贅沢な石けん』オイルミックスです(これは次回に・・)

このオイルミックスは前田さんが研究をかさねていろいろなオイルを配合されたものなので きっといい石けんができると思います
(作り方を失敗さえしなければ・・なんだけど~)

しばらく作ってないのですっかり作り方を忘れていたので
何回も本を読んで復習しました

石けんって作り方はあまり難しくないんだけれど
苛性ソーダを扱うので 慎重な作業が必要です
一応マスクをゴーグルとゴム手袋をすると
うちのわんこのバジルに 怪しい人物と思ってウ~と吠えられました

この作業中に誰かこられるととても怪しいので絶対応対には出られないヮ・・・

難しいポイントは苛性ソーダとオイルミックスの温度をが同じなったときに合わせることです
次はあわせた石けんのもととなる液体を20分以上ぐるぐるひたすらまぜることです
単純なんだけど結構疲れる作業です・・・

で、ついに石けんのもとが出来ましたset1.jpg

マルセイユ石けんの場合はこれを12時間以上ねかせて
とろりといい具合になったら(生クリームのよう・・・)
牛乳パックを2枚あわせて作った型に流し込みます

それを保温箱に一日入れて そのあと保温箱から出して
乾かします

いいころになったら牛乳パックからとりだして
切り分けて また30日以上乾かします
ということで この石けんが完成するのは まだまだ先です



スポンサーサイト

| ☆my favorite☆ | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。